2014年12月22日月曜日

APOCRYPHA-S SU-METAL生誕祭に行って来た

 あいにくの雨。
 物販の購入は半分あきらめて4時過ぎに到着。 それでも少しの可能性にかけて並んでみたものの、しばらくして「橋のところで並んでいる人は5時までに購入できません」という声があってしかなく隣のフットサルの屋根のあるところに退避。

 みんな雨の中何時間も並んで凄い。 お客さんの戦いも楽じゃないですね。

 今日は100番代という良番でしたので、早めの入場ができました。 今日中に静岡に行かなければいけないということで荷物があったのですが、ロッカーの容量が少なくてやっとのこと押し込む次第でした。 振り返ると会場内でも物販の販売をしていたので買いに並びました。何とかTシャツゲット。 ロッカー代600円かかってしまいましたが、まあ良しとしましょう。


 会場はすで最前は無理で、上手の前方に陣取ることにしましたが、前にいる人がやけに大きくて見えそうもなくさらに後方へ退避(ちなみ私175cm)。 私より小さい人の後ろに並んで何とか視界確保。それでも手が上がったら視界がふさがれてしまうのではないかと思いましたが、なんとか大丈夫でした。

 豊洲ピットは、奥行がそれほどなく天井も低くて音響大丈夫かなと思いましたが、上手前方は最悪でした。低音出過ぎで変な反響するし、中音域も聞きずらい、高音も一部しか聞こえない。 これはもっと後ろに行かないとだめだなと思ったが気が付いたときはすでに遅かった。 今日は3人の顔をしっかり拝むことにした。

 開演は20分くらい遅れて、最初20分はWORLD TOURの映像。その後BDで登場。

 生誕祭ということもあってか、すぅさんの存在感半端ない。”かっこいいし 美しい” 

(ステージの上と全然違う 優しい感じ)

 ゆいもあは相変わらず小動物のようで可愛らしい。(誰だ 子豚って言っているやつは^^)

 FCのプライベートライブということで、アンコールなし(ちょっとズッコケ)の約50分。 その間すぅさん出っ放しで驚いた。
 おねだり大作戦では骨パーカーを着て登場したり、ヘドバンギャー!!では花を持って登場したりで、レアな演出でいいものを見ることができた。 神バンドのソロもHAPPY BIRTHDAYを入れ込んだりしてちょっとお洒落だった。
 ロンドンでの新曲の後なので、生誕祭でももう一曲あるかなと思っていたら三曲目でいきなり来ました。 残念ながら音が悪くて私の周りではノリ切れない人で一杯でした。それでも、3人のダンスはとてもキュートなのできっと楽しい曲なのだろうとみんな妄想している感じでした。
(すでに動画サイトにこの日の音源が上がっていますね  ・・・感謝です)

 インターネットの力は本当に凄いもので、最後のTHE ONE(仮)は皆さん歌いこんでいて半端なかったですね。


ついでにNHK




 世界が熱狂・・・ 凄いタイトルがついていましたね。
 民放では芸能となると独自に取材することなんてほとんどないですよね。 通常の芸能ニュースは事務所側が材料を出してそれを各社が編集して報道するだけなので、事務所側が材料を出さなければ、報道されることはほとんどありません。 ということで ロンドンはNHKの独占取材。

 さすがNHK(だてに金はとっていない 公務員並み?以上?の給料は許せないけれど)という内容でした。 タイトルは仰々しかったけれど、余分な説明もなくポイントポイントをついていて、彼女達のステージ以外の素顔も見せていて貴重な番組だったと思います。
 NHKならではの海外向け放送もありますから、海外のメイトさんたちは喜ぶと思います。

 BABYMETALってもの凄くネットの恩恵を受けていますよね。
 PVの発信もそうだけれど、 国内でこれだけ規制がかかっていても、海外でのライブやフェスの様子はもの凄い勢いで動画がアップされていますし。  今年の夏にWORLD TOURに出なかったら今のような状況はなかったでしょうね。 

 著作権の問題もあるけれど、無駄な広告宣伝費も使わず、ファンが勝手に宣伝してくれるのだからこれを利用しない手はないでしょう。 本来なら国内のライブもアップしたいところですが推奨できないし、日本人は真面目だからなかなか正面きってアップできないでしょうね。
 SSAのライブは海外向けのファンのチケットも売り出されたので、日本国内の事情知らない海外メイトさん達がガンガンアップしてくれそうな気がします。
 そんな海外の人に真面目に注意しないでほしいものですね。 我々は撮影するよりLIVEに集中したいので、彼らに任せましょう。

 
ゆいもあ かわいい