2017年12月5日火曜日

広島遠征 旅行編

 12月2日(土)のLEGEND - S - 洗礼の儀 - のチケットが取れなかったので、広島観光することにした。

 朝8時20分のANAで広島へ。空港からリムジンバスで広島駅到着は11時くらい。駅に隣接するウエルカムセンターで500円払って荷物を預けると、17:00までに荷物をホテルに届けてくれるのは便利。身軽になっていざ宮島口へ。
 駅を降りると甘辛いいい匂いがする。匂いにつられて店の前まで来て列に並ぶと、今中は1時間待ちだという。お弁当ならありますよと言うので1994円払って弁当を購入。どこかで座って食べるところ探したが、なさそうなのでそのままフェリーに乗って弁当を広げた。
 美味い!! 普段実家のある静岡で鰻をよく食べるが、鰻よりあっさりしていて美味い。年をとったせいかこちらのほうがいい。
 フェリーに乗ること10分だったが、いつも早食いないので余裕で完食できた。

 厳島神社は修学旅行以来、多くの観光客が来ていたがそれでも京都の人の多さに比べれば観光向きだと思う。 いきなり鹿の歓迎にあって少し驚く。

今日は大潮で鳥居まで歩いて行ける(パノラマモード撮影 本殿から鳥居まで)
最近は一眼レフのカメラを持ち歩くのが面倒なので、カメラはLUMIX DMC-TX1にしている。1型のセンサーでかさばらないし、望遠も10倍でそこそこの写真がとれてかなり便利。動画も4K対応で機能満載
大潮の時間に大鳥居から本殿を撮影 今の鳥居は明治8年(1975年)に建て替えられたもので、この木を探すのに20年もかかったとか? 次の建て替えは何時になるのだろう。
本殿前の高舞台では、オノヨーコもライブを開いているが、神様に奉納する気持ちがないとここでは演奏できないとのこと、ベビメタではちょっと無理だな

毛利氏が仮設で造った能舞台を1680年に当時の安芸藩主浅野綱長が造立、今でも4月に3日間桟敷席を作って能が行われているらしい。橋掛かりが斜めなのと長いのが特徴のようだ

厳島神社の紅葉はもう終わっていたが、紅葉公園に行ってみた。
落ち葉と緑の葉っぱが印象的だったので撮ってみた。

弘法大師ゆかりの寺ということで大聖院に足を延ばしたが、なんかそれほど歴史を感じるものはなかった
大聖院からの眺めは悪くなかった

桧皮葺の屋根に銀杏の葉が落ちていて、もう冬なのだとちょっと感傷的になった。

千畳閣は豊臣秀吉が建てたが、秀吉の死により未完成で天井や壁がない。古い建築物を研究する人にとっては貴重な建物のようだ。

3時間以上ぷらぷらしてみたが、疲れて歩きたくなかったので友人に聞いていた世界遺産航路原爆ドームに戻ることにした。片道2000円ちょっと高い。

ホテルはリーガロイヤルで23階の海側の部屋で眺めよし、ちょうど夕暮れ時で美しい光景が見ることができた。ANAの旅作で予約 飛行機代込み¥41,200 ただし、便の変更はできない。飛行機を使う旅行はいつも旅作が多い、新幹線(関東以西)はJR東海ツアーズにしている)
宮島方面を撮ってみた(タイムラプスで撮った中の1枚、タイムラプス動画はファイルのサイズが大きいのでアップはやめた)

夜は3?年ぶりの大学時代の友人と会った。広島は修学旅行、大学時代の演奏旅行、そして彼の結婚式以来の4回目だった。

 友人とは昔話に花が咲いた。彼は広島県警に務めていているので、なかなか県外に旅行することが難しいらしい。旅行の届け出を前もって出しても事件があると呼び戻されるので、旅行自体楽しめないと言っていた。 
 3年前の土砂災害では、たまたま所轄の警察署に勤務していたが、一番被害の大きいところにいたので、地獄絵図をみるような状態だったようだ。土砂や岩で死体がバラバラで発見されたりで、70人近い遺体をみることになり、自衛隊が去った後何か月も行方不明者を探したと言っていた。 そう話している彼の顔は、立派な警察官の顔だったのが印象的だった。 話も尽きなかったが、前日深夜のワールドカップの抽選会を見て寝不足だったので急に睡魔に襲われたので、その夜はホテルに帰って寝ることにした。
 お好み焼き「みっちゃん」のコース料理でアナゴのお造りは珍しかった。そしてイカ天入り、うどんトッピングのお好み焼きはカリッとしたソバとソフトな歯ごたえのうどんはなかなかの絶品で広島の味を堪能させてもらった。お好み村の厳島の話をしたら、知っていたがお好み村ではマイナーな店のようだ。

 そうそう、彼は広島育ちで大学時代以外は広島で生活しているのだが、BABYMETALのことは全く知らなかったと言っていた。私がライブを見にいくことをで初めて検索して知ったとのこと。 まあ、彼もクラシック以外はあまり興味がないから当然と言えば当然なのだがやはりテレビというメディアに出ていないと世間には伝わらないのだと思った。
 ボーカルの娘が、広島出身だというのは調べて分かっていて、「ずいぶんストレートな声なんだね、アイドルにしては歌が上手い」とは言っていたが、あまり興味を示さないので布教は止めた。 ASHは広島では有名だと言っていたが、Perfume以外誰が活躍しているのは全く知らないと言っていた。

 翌日ライブ前にホテルに迎えにきてくれて、おりづるタワーに連れて行ってくれた。本当は夜に行くと原爆ドームが印象的に見えるらしいが、前日は貸し切りで上に上がることができなかったとのこと。
 
マツダのコンパニオンのお姉さんが原爆ドームを背景に撮ってくれた。現職の警官なので顔はボカシている、私も人相が良くなかったのついでにぼかした。

 アメリカが原爆を落とす際に、橋の上の十字を目標にしたこと、そして風に流されて島病院の上空600mで爆発したことを初めて知った。今の日本の平和は広島や長崎の犠牲があって成り立っているだと感じさせられた。そういう彼も被爆2世であるが、私以上に健康、ピロリ菌を除去して慢性的な胃潰瘍も治ったそうだ。平和公園にも行こうと思ったが、時間がなかったので少し遅い昼飯をとった(昔行ったことがあるなら、行かなくていいと言われた)。「むさし」というおむすびの店(一般にはおにぎりという地域が多いが、中国、四国ではむすびと呼ぶことがおおいのだとか)で広島では有名らしい。 あなご飯ほど感動はしなかったが、悪くない。 その後コーヒーを飲んで彼とは東京での再会を誓って別れた。ただ、退職までまだ年月があるので何時になるかわからない。 すっかりごちそうになって広島グリーンアリーナに向かった。

 そして、ライブを大いに楽しんで広島をあとにした。昔の仲間との再会もできるので、少々お金もかかるが地方公演も悪くない。 ただ、お金と時間が自由にならないとなかなか参加できない人も多いから、今回はいつもより年齢層の高い人が多かったような気がする。 それでも私よりはみなさん若いのだろうけれど。